本の話

「役不足」の意味をずっと逆に使っていた男、
サル・ベーコンのダイスケです。

とはいえ、ほとんどの人が逆に使っていますよね。たぶん。
素晴らしい役者に対して、役柄が不足している。
能力のある人につまらない仕事、簡単な仕事をさせるという意味だそうです。
ただ、言葉は生き物ですから、時代と共に意味が変わっていくので、
そのうち逆ではなくなったりするのかもしれません。

サル・ベーコンも 時代と共に変化せねばいかんと常々思っているので、
春メニューなんかを考え中です。
リクエストは ばんばん言ってくださいね☆

今日は、読書好きの私がお気に入りの本について。
多すぎるんで、ふと思い出した一作品を。

北方謙三さんの「水滸伝」
これは男の中の男。ザ・漢のような本です。
108人の生き様、死に様がとにかく壮絶。
さらに敵側(?)というか、官軍側にも敵ながらあっぱれなキャラや、
志をもったオトコが登場するわけですよ。
そんな多い登場人物なのに、全員が個性的なキャラで、
各キャラにストーリーと志があるわけです。

人はどう生き、死んでいくのかという事を考えさせられるのと、
ただただ格好いい漢に憧れる作品です。
長編小説ですが、読み出したら止まりませんよ!

サル・ベーコンは、
働く男が安くてもかっこよく飲める店 =「安カッコいい」
がテーマなんですが、
やはり男たるもの 一度「水滸伝」を読んでみることをお勧めします!
女性の方も 読めばきっと 男の気持ちがわかるはず!!お勧めです。

しかし、最近のサル・ベーコンには
働く女性もたくさん来て頂けて嬉しく思います。
男目線で作った料理ばかりなので、
ボリューム感とか シンプルさとかをウリにしている所があるので、
女性にはもっとオシャレな料理のほうが良いのかなとも思いきや、
女性のお客様も たくさんご来店頂き 嬉しい限りです。

カウンターで、女性一人でワインを一本空けるという
強者女子もいらっしゃいました。
肉食女子が多いのかな!?

まぁ とにかく、働く男子も 働く女子も 大歓迎です!
時間がある方は、水滸伝にも チャレンジしてみてください。

今日はそういうお話。

では。

自家製ソーセージ+炙りベーコン
+ポテサラ+樽生ビール = 安カッコイイ!
ソーセージ&麦酒
SARU  BACON(サル・ベーコン)

**********************
住 所 : 大阪府吹田市江坂町1丁目18-18
えさかパークビルディング1階
交 通 : 「新大阪駅」より 大阪市営・御堂筋線で
4分 → 「江坂駅」下車、徒歩3分♪
電 話 : 06・6310・3655
**********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です